補聴器外来

初診の方へ

初診の方へ

初診の方へ

みみ

はな

のど

小児耳鼻科

アレルギー科

めまい外来

補聴器外来

音声外来

喉頭がん・甲状腺がん検査

10月
25262728293001
02030405060708
09101112131415
16171819202122
23242526272829
30310102030405
11月
30310102030405
06070809101112
13141516171819
20212223242526
27282930010203

 休診日  午前休診
 午後休診 

患者の気持ち

補聴器外来

医療が発達し、元気にご活躍中のご長寿の方が増えてきました。しかし聞こえの感覚神経は長い間使っていると少々不具合も出てくるようです。聴力の低下はゆっくりと進行するためにご本人は気が付かず、周囲の方に初めて指摘されるケースがほとんどです。聞こえの感覚神経低下への有効な治療法が限られ、聞こえをよくするためには音声を大きくしてあげて、耳に届ける補聴器が一番です。


「補聴器は格好よくないな。。」「うるさくて。。」と敬遠されています。しかし補聴器は進歩しています。耳の穴に隠れる小型のもの、デジタル補聴器で周囲の雑音を軽減させるものが広がってきました。


補聴器を選択する基準は、その人に合わせることが大切です。高価なものが必ずしも良いとは限りません。聞こえの程度にあった音量で、着脱の操作が容易なものが第一条件です。聞き比べや微調整を行って、効果の良い片耳か両耳に使います。


補聴器はつければすぐに聞こえるものではありません。装着前は静かな環境で生活されていた方が、急にかつての音の大きな騒々しい世界に戻ると、慣れないために混乱します。「補聴器はうるさい」と不快に感じる理由です。静かな場所から騒がしい場所へと使用時間を徐々に延ばしながら、補聴器に慣れるトレーニングが必要になります。
これには専門家の指導とご家族の援助が欠かせません。
補聴器を上手く利用して、ご家族やご友人との会話を楽しんで下さい。


補聴器外来は予約制です。まず一般外来を受診していただき、聴力検査や耳の点検を行った後に、補聴器外来の予約をおとりいたします。


▲PAGE TOP