TODA E.N.T. CLINIC
北戸田駅から徒歩1分 さいたま市・蕨市からも至近

ご相談・お問合せ TEL:048-441-8733

ご相談・お問合せ TEL:048-441-8733
ネット受付/待ち状況 診療時間表 9:00〜12:00、15:00〜17:30 | 休診日:木曜・土曜・日曜・祝日

ゾレア®皮下注-抗IgE療法-

院長からのメッセージ

季節性アレルギー性鼻炎(スギ花粉症)とは、スギ花粉が原因となって、アレルギー症状を引き起こす病気です。飲み薬や鼻噴霧点鼻薬、レーザー治療、舌下免疫療法など多彩な治療法があり、効果を上げてきました。しかし中には十分な効果が得られずに、日常生活や仕事に支障をきたしている重症の方もおられます。この重症のスギ花粉症の方を対象とする、新たな治療法ゾレア®皮下注が始まります。

ゾレア®はアレルギーの原因となるIgEという物質に対する抗体を人工的に作って薬にしたものです。このようにターゲットをブロックする物質を人工的につくる方法は分子標的薬と呼ばれ、ノーベル賞で話題となったオプジーボなど様々な薬の開発に用いられています。ゾレア®は2009年に気管支喘息の治療として、2017年には慢性蕁麻疹の治療として日本で承認された歴史のある注射薬です。2020年よりスギ花粉症が新たに治療対象として保険承認されました。従来の治療が効かない重症のスギ花粉症の方にとって福音となる治療です。治療効果の高いお薬ですが、特殊な副作用があり、医療費が高額なため、投与にあたってはメリット・デメリットをよくご理解していただきたいと思います。

どうして花粉症にゾレア®が効くのか

スギ花粉が体内に入ると、次のような反応が順々に起こります。

  1. Step1

    スギ花粉が体内に侵入します。

  2. Step2

    リンパ球でスギ花粉の抗体(IgE)が作られます。

  3. Step3

    スギ花粉と抗体(IgE)が、アレルギーにかかわるマスト細胞に結合します。

  4. Step4

    マスト細胞から、アレルギーをおこす化学物質(ヒスタミン、ロイコトリエンなど)が放出されます。

  5. Step5

    化学物資による炎症がおき、鼻汁、鼻づまり、目のかゆみがおこります。

従来の内服や鼻噴霧点鼻薬には、ヒスタミンやロイコトリエンの作用を弱め、鼻や目の炎症を抑える作用があります(Step5に作用)。ゾレア®は抗体(IgE)がマスト細胞と結合出来なくする効果がありますので(Step3に作用)、アレルギー反応をより上流から効果的に抑えることができます。

確かに効果がある良い薬ですが、注意点もあります。副作用は少ないものの、注意すべき副作用がありますし、オプジーボなどと同じ分子標的薬はどうしても薬価が高くなります。さて気になる患者さんの自己負担額はどのように決められるのでしょうか。ゾレアは患者さん毎の体重と血液中の総IgE値によって、投与量や注射回数が変動する薬です。そのため身体が大きくて、アレルギーの数値が高い程、価格があがります。具体的には3割負担で1か月4,444円~69,953円と大きく異なります。1回の投与量300mgのモデルケースで、1か月17,488円となります。その他に診察料、血液検査があるのでもう少しかかります。日本が誇る皆保険制度にも思いを馳せると、限られた財源を大切に使っていきたいものです。保険適応は「既存の治療で効果不十分な重症又は最重症の花粉症に限る」とされ、適応を絞って使わないと医療費が増大する原因になってしまうので、医師も十分に注意して投与する必要があります。尚、医療費サポート制度(高額療養費制度)があります。1か月の医療費の支払い額(自己負担額)が一定額を超えた場合に、超えた分の払い戻しを受ける制度です。加入している保険(国民健康保険、健康保険、船員保険、共済組合、後期高齢者医療制度)や、年収により条件が異なります。詳しくは加入している保険にお問合せください。

以下のサイトではゾレア®について詳しい説明があります。医療費シュミレーターもご用意してありますので、ご活用ください。

チェックしよう!重症花粉症 初めてのゾレア®

期待できる効果

  • くしゃみ、鼻汁、鼻づまりの改善
  • 目のかゆみの改善
  • QOL(生活の質)の改善

このような方が対象となります

  • 鼻アレルギー診療ガイドラインにてスギ花粉症の重症または最重症
  • 過去に医療機関で鼻噴霧用ステロイド薬及び内服薬による治療を受けたが、効果が乏しい
  • スギ花粉抗原に対する特異的IgE抗体がクラス3以上
  • 血液中の総IgE値が30~1,500 IU/mlの範囲
  • 12歳以上で、体重が20~150kgの範囲

投与方法

  • 月1~2回、上腕外側、下腹部、大腿部、臀部などの皮下に注射します。
  • スギ花粉症の飛散時期(2~4月)に3か月投与します。開始は症状発現初期が望ましい。
  • ヒスタミンH1拮抗薬(アレグラなどの花粉症薬)もゾレア®投与期間中に併用します。

ゾレア®の主な副作用と注意すべき症状

  • 主な副作用は、注射部位の赤み・かゆみ・腫れです。
  • 呼吸困難・立ちくらみ・失神・蕁麻疹・全身のかゆみ・のどの奥の腫れなどの症状が急激に起こるアナフィラキシーの可能性があります。重篤な場合には生命をおびやかす危険がまれにあります。特に投与後2時間は注意が必要なので、当院ではクリニックの近くでこの時間は待機していただきます。思いあたる症状があらわれた場合には速やかに医療機関に連絡してください。

ゾレア®皮下注 Q&A

お電話で医療相談は行っていますか?
行っておりません。詳しくはホームページをご覧いただくか、外来を受診してください。
ゾレア®が適用される条件は何ですか?
保険が適応されるための条件は、①過去に医療機関において内服薬及び鼻噴霧用ステロイド薬を投与してもコントロール不十分な鼻症状が、1週間以上持続した重症又は最重症のスギ花粉症。②スギ花粉抗原に対する特異的IgE抗体がクラス3以上。③12歳以上で、体重及び血清中総IgE濃度が投与の基準を満たす。④今スギ花粉シーズンに当院で内服を1週間以上行ってもコントロールが不十分であることです。
どのような検査を行いますか?
スギ花粉抗原に対する特異的IgE抗体、血清中総IgE濃度を測定するために血液検査を実施します。結果は1週間で判明します。
受診の際に、持参するものはありますか?
前スギ花粉症シーズンに医療機関で内服薬と鼻噴霧用ステロイド薬による治療を受けても効果が乏しいことが保険適応の条件となりますので、確認のために初診の方はお薬手帳が必須です。前スギ花粉シーズンに医療機関にかかっていなかった、上記の治療を受けていない、お薬手帳がない方は投与の条件を満たしません。
どれくらいで効果が出てきますか?
初回投与後数日~2週間で効果が発現します。
どれくらい効果がありますか?
効果に関する奏効率のデータはありませんが、労働能率低下率の改善、勉学能率低下率の改善が認められました。
喘息があります。
主治医と投与について事前にご相談ください。
具体的な投与スケジュールを教えてください。
前スギ花粉症シーズンの重症度、治療内容の確認を行います。まずは当院で内服を開始します。1週間以上経過した2回目の診察で、内服の効果が不十分であった方にはスギ特異的IgE抗体及び総IgE値を測定するため血液検査を実施します(結果は1週間で判明します)。3回目の診察で検査結果を確認し、ゾレア®の投与の要否が確定します。投与量及び価格も決定します。製薬会社から製品を取り寄せて(数日かかります)、4回目の診察でゾレア®を投与します。以降は月に1~2回(回数は体重・IgE値で決まります)の投与を2~4月に行います。投与期間中も症状にかかわらず内服薬を併用する必要があります。
おおよそのお値段を教えてください。
ゾレアは患者さん毎の体重と血液中の総IgE値によって、投与量や注射回数が変動する薬です。そのため身体が大きくて、アレルギーの数値が高い程、価格があがります。具体的には3割負担で1か月4,444円~69,953円と大きく異なります。1回の投与量300mgのモデルケースで、1か月17,488円となります。その他に診察料、血液検査があるのでもう少しかかります。尚、医療費サポート制度(高額療養費制度)があります。1か月の医療費の支払い額(自己負担額)が一定額を超えた場合に、超えた分の払い戻しを受ける制度です。加入している保険(国民健康保険、健康保険、船員保険、共済組合、後期高齢者医療制度)や、年収により条件が異なります。詳しくは加入している保険にお問合せください。

PAGE TOP