アレルギー科

初診の方へ

初診の方へ

初診の方へ

みみ

はな

のど

小児耳鼻科

アレルギー科

めまい外来

補聴器外来

音声外来

喉頭がん・甲状腺がん検査

11月
30310102030405
06070809101112
13141516171819
20212223242526
27282930010203
12月
27282930010203
04050607080910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

 休診日  午前休診
 午後休診 

患者の気持ち

アレルギー科

人間の体は、外から異物が入ると、排除しようとする働きが本来備わっています。これを「免疫反応」といいます。くしゃみは「異物を体外に吐き出すために」、鼻水は「異物を洗い流すために」、鼻づまりは「異物が体に入ってこないように」して体を守ろうとする正常な免疫反応です。「アレルギー」とは、この免疫反応が過剰に起こった状態です。理想的な治療は、過剰になった免疫反応を正常化することになりますが、これは現代の医学でも難しい課題です。現実的にはアレルゲンからの回避、薬物療法が主な治療法となります。当院では日帰り手術などを取り入れ、治療の選択肢を増やし、現代の様々なニーズに応えてまいります。


鼻汁好酸球検査

アレルギー性鼻炎は特徴的な鼻粘膜の色調・腫脹の具合を観察することで診断できる場合があります。他にも簡易的な判定方法として、患者さまの鼻汁を採取し、鼻汁好酸球検査と呼ばれるアレルギーのテストを行い、アレルギーの有無を診断することができます。


20分でわかるアレルギー検査

アレルギー症状を軽くするには内服治療以外に、患者さん主体の「原因物質への対策」という方法があります。アレルゲンには決まった季節にしか現れないものと、1年間を通じて現れるものがあります。その特徴や対策の方法はアレルゲンごとに違いますので、何が原因で症状が起こるのかを知ることが大切です。
この検査は、スギ花粉やダニ、イヌやネコのフケなど、患者さんが吸い込んでしまう可能性のある吸入アレルゲンに反応する「IgE」という抗体が身体にあるかどうかを調べるための検査です。検査により、症状を悪化させている原因を特定し、対策をとることで内服と合わせてより高い治療効果が期待できます。指先から採血を行い、検査所要時間は20分です。当日に結果の説明をいたします。測定できるアレルゲンは、ハウスダスト系(ヤケヒョウヒダニ・ゴキブリ・イヌ・ネコ ※ハウスダストはダニが主な成分でペットのフケ、ゴキブリなどが含まれています)、花粉系(スギ・カモガヤ・ブタクサ・ヨモギ)の8項目です。検査は2歳児から行うことができます。

20分でわかる花粉症検査


MAST36

アレルギー反応の原因となる異物を「アレルゲン」といいます。スギ、ヒノキ、ハウスダスト、ダニ、ペット、カビ、食物など実に様々なアレルゲンがあります。アレルゲンを特定するための血液検査(特異的IgE検査)は従来から多くの医療機関で行われていますが、数多くのアレルゲンを一度に検査したいというニーズに応えられないなどの課題がありました。当院では「MAST36」という、少量の採血で多数のアレルゲン項目を同時に測定することが可能なスクリーニング検査を取り入れました。健康保険の適応があり、費用は3割負担の方で約5000円となります。


<MAST36>

36種類のアレルゲンにアレルギーがあるかを一度に測定できるアレルギー検査です。 発症頻度の高い36項目のアレルゲン測定結果が分かります。


病院で行われているアレルギー検査の上位10項目が検査できます。

ダニ、ハウスダスト、スギ、ヒノキ、ブタクサ、カモガヤ、鶏卵、イヌ、ネコ、ヨモギ


強いアレルギー症状を引き起こす可能性がある食品が検査できます。

検査できる36項目検査には、消費者庁で指定されている表示義務品目7品目すべてと表示推奨品目のうち代表的なアレルギー物質を検査することができます。


給食に含まれる原因食物に対するアレルギーを検査できます。

学校へ提出する「学校生活管理指導表(アレルギー疾患用)」にあらかじめ記載されている原因食物のうち鶏卵、牛乳・乳製品、小麦、ソバ、ピーナッツ、甲殻類(エビ・カニ)、果物類、魚類、肉類をMAST36で検査することができます。


◆ 調べられるアレルゲン

食物アレルゲン20種類
トマト、モモ、キウイ、バナナ、ごま、蕎麦、小麦、ピーナッツ、大豆、米、マグロ、サケ、エビ、カニ、ミルク、牛肉、豚肉、鶏肉、オボムコイド、卵白
花粉アレルゲン8種類
ハンノキ、スギ、ヒノキ、シラカンバ、カモガヤ、オオアワガエリ、ブタクサ、ヨモギ
環境アレルゲン4種類
コナヒョウヒダニ、ハウスダスト、ネコ皮屑、イヌ皮屑
その他アレルゲン4種類
カンジダ、アルテルナリア、アスペルギルス、ラテックス(ゴム)

アレルギーを正しく知ろう!


副鼻腔ファイバースコープ

注意したいことは、副鼻腔炎(ちくのう症)を併発していないかということです。

黄色・緑色の膿性鼻汁の存在は副鼻腔炎のサインです。先端2.9mmという細く、軟らかなファイバースコープを用いて、鼻の中を容易に観察することができます。ファイバースコープの届かない、より深部の副鼻腔は身体に害のない超音波検査(エコー)を用いて観察ができます(妊娠中の方も受けていただけます)。


日帰り手術

現在のアレルギー性鼻炎の治療の基本はアレルゲンからの回避、薬物療法です。しかしながら将来の妊娠期間中には服用をしたくない、受験を控えているため眠気を催す薬物は避けたい、減らしたいなどのニーズがあります。また十分な薬物療法にも関わらず、治療効果が乏しい難治性のケースもあります。

このような患者さまに日帰り手術をお勧めします。外来にて日帰りで実施可能な比較的簡便な方法を採用しております。手術前にはアレルギー検査・術前検査を行います。手術は予約をとって後日に行います。特に鼻閉の改善に効果が期待されます。ご興味のある患者さまには外来で詳しいご説明をいたします。



▲PAGE TOP