TODA E.N.T. CLINIC
北戸田駅から徒歩1分 さいたま市・蕨市からも至近

ご相談・お問合せ TEL:048-441-8733

ご相談・お問合せ TEL:048-441-8733
ネット受付/待ち状況 診療時間表 9:00〜12:00、15:00〜17:30 | 休診日:木曜・土曜・日曜・祝日

アレルギー科

外から異物が入ると、排除しようとする免疫反応が備わっています。アレルギーとは、この免疫反応が過剰に起こった状態です。異物はアレルゲンと呼ばれます。
アレルゲンからの回避や薬物治療が主な治療法となります。当院では最新の舌下免疫療法、レーザー治療などを取り入れて、様々なニーズに応えてまいります。

アレルギーでおこる疾患

  • 花粉症・通年性アレルギー性鼻炎
  • 口腔アレルギー症候群

近年はアレルギーの治療に大きな変革がおこっています。
耳鼻咽喉科領域ではスギ花粉やダニアレルギーの根治的な治療である舌下免疫療法が始まりました。ステロイドの点鼻、軟膏、吸入薬があらためて見直されています。
当院ではこれからも最新の医療に取り組んでまいります。尚、アトピー性皮膚炎、喘息、小学生以下の食物アレルギーは、専門医のいる施設をご紹介しております。

花粉症・通年性アレルギー性鼻炎

アレルギー性鼻炎の患者さんが近年増加しています。春のスギ花粉によるアレルギー性鼻炎を「花粉症」と呼んで分けていますが、春には、ハンノキ、ヒノキ、シラカンバ、夏にはカモガヤ(イネ科の雑草)、秋にはブタクサ、ヨモギ(キク科の雑草)の花粉が飛散しています。ハウスダスト(ダニ、カビ、ペットのフケ)などは、通年性のアレルギーを引き起こします。花粉が多く飛散する年は、新たに花粉症を発症する方も多い傾向があります。十分に対策してください。

鼻アレルギー診療ガイドラインによる治療

重症度に応じたお薬を使うようにガイドラインで定められています。中等度以上では、複数の内服やステロイド点鼻を組み合わせて効果を高めるように推奨されています。

お薬の効き具合や眠気などの副作用には、個人差があることがわかってきました。患者さんの体質に合った処方をするように心がけています。

ジェネリック医薬品による費用の軽減にも努めてまいります。
眠気が少ない内服が発売されましたので、学生や車を運転される方にお勧めしています。
また、小さなお子さんや妊娠中や授乳中の方にも使用できるお薬もありますので、お気軽にご相談ください。

舌下免疫療法

舌下免疫療法とは?

スギ花粉症やダニアレルギーの治療法のひとつに、舌下免疫療法があります。原理はアレルギーの原因となるスギ花粉やダニから抽出したエキスを舌の下に少量から投与することで体を少しずつ慣らしていきます。アレルギー症状を治したり、長期間にわたり症状を抑える可能性のある治療法です。抗アレルギー剤をやめたい、減らしたい方にお勧めしております。5歳から治療が受けられ、こども医療費受給資格者証が使えます。

≫ 舌下免疫療法

レーザー治療

内服薬や点鼻薬でも鼻づまりが解消しない方や、眠気が心配で内服薬を飲みたくない方にお勧めしています。まずはクリニックでレーザー治療の適性を判断し、治療日の予約をお取りいたします。お気軽にご相談ください。

≫ レーザー治療

ゾレア®皮下注-抗IgE療法-

従来から内服薬や鼻噴霧点鼻薬、レーザー治療、舌下免疫療法など多彩な治療法があり、効果を上げてきました。しかし中には十分な効果が得られずに、日常生活や仕事に支障をきたしている重症の方もおられます。この重症のスギ花粉症の方を対象とする、新たな治療法ゾレア®皮下注が2020年から始まりました。 まずはクリニックで治療の適性を判断します。詳しくは専用ページをご覧ください。

≫ ゾレア®皮下注-抗IgE療法-

口腔アレルギー症候群

果物を食べた際に、口の中やくちびる、のどなどの口腔粘膜にイガイガしたかゆみや痛み、腫れが生じる果物アレルギーがあります。口腔アレルギー症候群(OAS)と呼ばれるもので患者さんが増加しています。実は花粉症に多い症状で、アレルギーを起こす花粉の種類と果物には密接な関連があります。果物アレルギーを起こす果物には、花粉と構造が似た物質が存在します。花粉症の方がこうした果物を食べた際に、体の免疫機能が花粉と勘違いしてアレルギー症状を起こすと推測されます。どの花粉症かによって、症状を起こす果物も異なります。

  • 春の花粉症(スギ花粉・ヒノキ花粉) トマトなど
  • 春の花粉症(シラカバ花粉・ハンノキ花粉) リンゴ・ナシ・モモ・サクランボなどのバラ科の果物、ブドウなど
  • 秋の花粉症(ブタクサ花粉・ヨモギ花粉) メロン・バナナ・キウイなど
院長からのメッセージ
院長 藤峰 武克

OASの症状が出た場合には医療機関を受診しましょう。治療では抗ヒスタミン薬やステロイド薬が使用されます。予防に生かすために原因となる物質を特定する検査もお勧めします。対策は原因となる果物を食べることを控えましょう。果物では通常加熱すると症状が出ませんので、食べるのであれば加熱しましょう。

20分でわかるアレルギー検査

アレルゲンには季節毎に現れるものと、1年間を通じて現れるものがあります。
アレルゲンごとに対策が異なりますので、何が原因で症状が起こるのかを知ることは大切です。

この検査はアレルゲンとなる代表的な8項目が当日20分で判明するので、忙しくて再診が難しいビジネスマンに向いています。
指先から少量の採血で済むことから、採血が苦手な小さなお子さんにもお勧めします。

測定できるアレルゲンは、ハウスダスト系(ヤケヒョウヒダニ・ゴキブリ・イヌ・ネコ)、花粉系(スギ・カモガヤ・ブタクサ・ヨモギ)の8項目です。検査は2歳児から行うことができ、こども医療費受給資格者証が使用できます。

≫ 20分でわかる花粉症検査

PAGE TOP