TODA E.N.T. CLINIC
北戸田駅から徒歩1分 さいたま市・蕨市からも至近

ご相談・お問合せ TEL:048-441-8733

ご相談・お問合せ TEL:048-441-8733
ネット受付/待ち状況
ネット受付/待ち状況 診療時間表 9:00〜12:00、15:00〜17:30 | 休診日:木曜・土曜午後・日曜・祝日

睡眠時無呼吸症候群いびき

いびきや無呼吸は、健康維持の赤信号です。

体調の維持には、良質な睡眠が大切です。良質な睡眠とは、穏やかな呼吸とともに訪れる深い睡眠のことです。

この良質な睡眠を弊害する最大の要因は、いびきや無呼吸です。いびきは同室者への騒音の問題や、日中の眠気からの生活の質の低下、健康への悪影響を及ぼします。

いびきをかく人の多くが、睡眠時無呼吸症候群を合併しています。

睡眠時無呼吸症候群とは、睡眠中に「大きないびきをかく」「呼吸がとまる」などの症状がおこり、日中の眠気や倦怠感、集中力の低下を引きおこす病気です。

症状

十分な睡眠時間をとっているのに目覚めが悪い、体がだるい、昼間に居眠りしてしまうなどの症状がおこります。
統計的にも交通事故の率が高いといったデータがありますので、車を運転する仕事に就かれている方は要注意です。

また健康にも大きな影響を及ぼすことがわかってきました。具体的には、糖尿病、高血圧、心不全などの可能性を高めることが、多くの研究結果から明らかになってきました。

原因

いびきや無呼吸が生じる原因は、肥満・顔の骨格・加齢などにより、気道が狭くなることでおこります。他にも鼻づまりや、扁桃肥大なども原因となります。

診断

睡眠時無呼吸症候群とは、睡眠中に呼吸が止まる(無呼吸)ことが、1時間に何回も起こる状態のことです。
「10秒以上続く無呼吸」または「血中酸素の欠乏を伴う低呼吸」が1時間に5回以上おこると睡眠時無呼吸症候群と判断されます。この回数を無呼吸低呼吸指数(AHI)といい、重症度を決める際に使用します。

当院では、咽頭と鼻腔の診察を行った後に、睡眠時無呼吸症候群が疑われる場合は、AHIを測定する検査機器をお貸し出しいたします。ご自宅に機器をお持ち帰り頂き、機器を装着の上、お休みいただくと検査ができます(検査方法は簡単です)。検査結果のデータを確認して、睡眠時無呼吸症候群であった場合には、原因や程度に合った治療法を選びます。

治療

AHIが5~20回の軽症~中等度の方には、マウスピースを装用する治療をお勧めします。
マウスピースは睡眠時に舌がのどに落ちることを防ぎ、気道を広げる効果が期待されます。連携している歯科医師に作成を依頼します。

AHIが20~40回の方は、入院で行う精密検査をお勧めしています。連携する施設をご紹介いたします。
AHIが40回以上の重症の方にはCPAP(シーパップ)治療をお勧めします。酸素マスクのような加圧装置を鼻に装着して無呼吸を防ぎます。CPAPで吸気に圧力を加えて、気道を広げるイメージです。装着をしなければまた元に戻ってしまいますので、このCPAPを装着しながらダイエット、また原因がのどや鼻の病気であった場合にはそれらの治療を行います。

マウスピースもCPAPの鼻づまりがあると上手くいきません。この場合には、まずは鼻づまりを治す治療から行います。

PAGE TOP PAGE TOP