音声外来

初診の方へ

初診の方へ

初診の方へ

みみ

はな

のど

小児耳鼻科

アレルギー科

めまい外来

補聴器外来

音声外来

喉頭がん・甲状腺がん検査

患者の気持ち

音声外来

喉頭(のど仏の部分)には声の発生源である声帯があります。声を出しながらのどを触ると声帯の振動の様子が分かります。声帯に疾患が発生すると「声かれ」が出現します。当院では診断に積極的に取り組んでいます。


声帯はのどの奥にあり、簡単に見ることができません。そのために診察にあたる医師には技術と観察力が求められます。

戸田耳鼻咽喉科では、丁寧な問診ならびに診察、必要に応じて検査をしながら治療にあたります。また患者さまの不安を取り除き、安心して生活を送って頂けるよう、積極的に十分なインフォームドコンセントをいたします。


以下によくみられる声帯のご説明いたします。


声帯結節

原因は声帯の酷使です。左右の声帯が繰り返し衝突しあうために、この部位に声帯の肥厚が生じます(ペンダコと同じ理由です)。育児中の保護者、保育園の教諭、歌手等、声をよく使う人に多い病気です。声を休めるよう心掛けることや、音声リハビリテーション、吸入治療などの治療を行います。


声帯ポリープ

大きな声をだした時に、声帯の粘膜の小さな血管が破れ、声帯に血腫(血豆)が出来ることが原因です。数か月は自然に吸収されて消失する可能性があるため、声の安静を守っていただきながら外来で様子をみていきます。


ポリープ様声帯

声帯粘膜内部にネバネバした液体がたまって声帯がブヨブヨに膨らんだ状態です。声の酷使と喫煙が原因です。喫煙が声帯の体質にあっていないためであり、禁煙が治療の第一歩です。治療は手術で声帯内部の液体を除去して、声帯本来の形状に近づけます。手術の適応がある時には、連携施設をご紹介いたします。


声帯白板症

声帯粘膜表面に白い膜が出現します。原因は慢性炎症によるもの、前がん病変、がんであることがあります。両者は見た目では区別しにくいものです。生検を行い、診断を確定することが大切です。



▲PAGE TOP