TODA E.N.T. CLINIC
北戸田駅から徒歩1分 さいたま市・蕨市からも至近

ご相談・お問合せ TEL:048-441-8733

ご相談・お問合せ TEL:048-441-8733
ネット受付/待ち状況 診療時間表 9:00〜12:00、15:00〜17:30 | 休診日:木曜・土曜・日曜・祝日

Bスポット療法

院長からのメッセージ

院長からのメッセージ

上咽頭には免疫を担当するリンパ球が多数存在しています。風邪のウイルスを駆除できるように健常者でもリンパ球は活性化していて上咽頭は常に軽い炎症状態にあります。風邪やアレルギー性鼻炎を契機に炎症が長引くと慢性上咽頭炎を発症します。慢性上咽頭炎は、のどの違和感や後鼻漏などの症状だけではなく、自律神経の調節異常を介して、めまい、全身倦怠感などの不快に感じる様々な症状を引き起こします。リンパ球の活性化により増殖した免疫複合体が全身を巡り、遠くはなれた腎臓、皮膚などの病気を引き起こします。のどの違和感や後鼻漏でお悩みの方は、まずは外来でご相談ください。

詳しくはこちらへアクセス

様々な不調は意外な場所が原因だった!鼻の奥に潜む「慢性上咽頭炎」
当院で行うBスポット療法

慢性上咽頭炎の症状

  • 上咽頭炎の直接の症状 頭痛、後鼻漏、痰がらみ、のどの違和感、肩こり、耳閉感
  • 自律神経を介した症状 めまい、慢性疲労症候群
  • 免疫反応を介した症状 IgA腎症、掌蹠膿疱症

慢性上咽頭炎の検査

細くて柔らかなファイバースコープを鼻腔から挿入し、上咽頭を観察します。鼻内を十分に麻酔してから行いますのでご安心ください。慢性上咽頭炎では発赤・腫脹・痰の付着がみられます。

正常の上咽頭
正常の上咽頭
中程度の上咽頭炎
中程度の上咽頭炎
重度の上咽頭炎
重度の上咽頭炎

Bスポット療法について

Bスポット療法について

慢性上咽頭炎の治療として効果的なものは0.5%~1%塩化亜鉛溶液を鼻と喉を経由して上咽頭に擦りつけることです。Bスポット療法と呼ばれるこの治療はEAT<イート>(Epipharyngeal Abrasive Therapy、上咽頭擦過治療)と呼称されるようになりました。Bスポット療法の際には事前の麻酔を行うことで苦痛を和らげる工夫を凝らしています。
のどへの塗布はご希望を伺いながら、優しく行っております。嘔吐反射が心配な方は鼻のみの処置も行っております。お気軽にご相談ください。

Bスポット療法の実際

  1. 診察
    診療椅子に座っていただき、あらかじめ上咽頭に麻酔液を噴霧します。
    塩化亜鉛液を浸した曲がり綿棒で、3方向から上咽頭へ薬をしっかり塗りつけます。
    塗布は1箇所に5秒程度です。終了後にはステロイド吸入を行います。
    炎症の強い方には鼻洗浄も追加します。
  2. 治療後について
    初めは薬がしみて痛みを感じ、翌日までヒリヒリが残る場合があります。
    出血する場合もありますが痰や鼻汁に血が混じる程度です。
    治療開始1か月間は、週1回の通院をお勧めします。
  3. 治療後の経過について
    効果を感じた方は治療を継続します。その後の通院間隔は週1回~月1回となります。
    効果が乏しい方は、副鼻腔炎やアレルギー性鼻炎の検査を行うことがあります。
    Bスポット療法以外の治療法へ変更または追加します。

Bスポット療法との併用治療

抗生剤・去痰剤・漢方薬・トローチ・うがい薬

炎症の強い方、自覚症状の強い方には、薬を併用することがあります。上咽頭粘膜層の状態を正常化させる効果が期待されます。

鼻うがい・鼻洗浄

鼻うがい・鼻洗浄

上咽頭粘液層に付着した雑菌を洗い流し、上咽頭の粘膜にある繊毛の動きを活性化する効果があります。当院の電動式の専用鼻洗浄器で鼻うがいが体験できます。ご自宅で出来るキットも販売しております。

ミサトールリノローション~自宅で出来るBスポット療法~

ミサトールリノローション~自宅で出来るBスポット療法~

塩化亜鉛と同じ消炎効果のある、青梅搾汁から精製されたエキスを点鼻する治療法です。鼻から液をたらして5分くらいそのまま保持します。液は飲んでも、口から出しても良いです。上咽頭に付いた痰が取れなくて難渋される方にお勧めします。使用方法についてはYOUTUBEサイトをご覧ください。20回分と点鼻容器がセットになった初回お試し用を院内で販売しております。

詳しくはこちらへアクセス

Youtube

就寝用口呼吸防止テープ

就寝用口呼吸防止テープ

口呼吸はのどを痛め、上咽頭炎や口臭などの原因となります。口呼吸にお心当たりのある方はお試しください。肌に優しい医療用の口呼吸防止テープを院内で販売しております。

PAGE TOP