TODA E.N.T. CLINIC
北戸田駅から徒歩1分 さいたま市・蕨市からも至近

ご相談・お問合せ TEL:048-441-8733

ご相談・お問合せ TEL:048-441-8733
ネット受付/待ち状況 診療時間表 9:00〜12:00、15:00〜17:30 | 休診日:木曜・土曜・日曜・祝日

前庭性片頭痛

前庭性片頭痛

私たちは日常生活で、座ったり、立ったり、歩いたり、走ったりと様々な動作をしています。スムーズな動作のためには耳や脳の正常な活動が欠かせません。院長はめまい診療の専門知識と診療技術を持つめまい相談医として日本めまい平衡医学会の認定を受けています。丁寧な検査と的確な治療により、めまいからの回復のお手伝いをさせていただきます。

≫ めまい特集

前庭性片頭痛はこんな病気
前庭性片頭痛はこんな病気

前庭性片頭痛はめまい発作を繰り返し、発作の半数以上に頭痛を始めとする片頭痛の症状が認められる病気です。片頭痛の患者さんにめまい発作が起きることは昔から知られていましたが、診断基準が作成されたのは最近であり、古くて新しい病気といえます。症状は数分から数日続く、日常生活に支障が出る程度の強いめまい発作が特徴です。めまいの前兆として、音や光への過敏や、閃輝暗点というキラキラやジグザグした線が目の前に出現することがあります。多くの患者さんでは、めまい発作がない時期にも、ふらふら感を認めます。

前庭性片頭痛の治療

光や音の刺激を避け、暗く静かな場所で横になって休むことが必要です。軽い頭痛なら数時間の休養や睡眠をとることで治る場合もあります。痛みが強いときは、痛む部分に冷却シートや冷たいタオルなどを当てて冷やすようにすると、痛みがいくらか和らぐこともあります。症状から日常生活に支障が出る場合は、内服薬を用いての治療になります。軽度の片頭痛であれば、通常の鎮痛薬かあるいは市販薬が有効です。頭痛の程度が強い場合は、片頭痛専門治療薬として「トリプタン製剤」の有効性が知られています。

PAGE TOP